篠塚和典の打撃バイブル

篠塚和典の『打撃バイブル』はどういうものなの?

 

 

お子様にゲームでヒットを打たせたい保護者、指導者様へ。

 

貴方様と同様にお子さんに野球をやらせている親として、1個貴方様に問いが御座います。

 

仮に、お子様のバッティングテクニックがあり得ないぐらい進歩し、ゲームでヒットを連発するようなバッターになったら、どのように感じますか?

 

想像できないかも知れませんけど、ボディのサイズやセンスのあるか否かは全く無関係です。

 

今、お子様のフォームが安定しなかったり、速い球に差し込まれているような状況でも問題御座いません。

 

これから篠塚和典様がご説明するバッティングの上達法を行なえるのなら、お子様を貴方様がイメージする感じのご希望通りのバッターに成育させる事が可能となります。

 

貴方様が私と同様に『野球少年を子供に持つ親』だったら、 下記みたいなご心労や願いを持っていらっしゃるのではありませんか?

 

超一流のプレーヤーによるバッティングレクチャーを子供に受けさせたい

 

息子にレクチャーしてあげたいが、どういった事を伝えたらベストなのか理解できなくて ヤキモキをしている

 

息子がゲームでヒットが打てない

 

息子が主力になれない/主力でも7、8、9番を打っているからクリーンアップを打てるようにしてあげたい

 

フォームやスイングが安定しなかったり、速い球についていけていない

 

今の指導者や練習環境では詳細なレクチャーが行なってもらえず、息子が伸び 悩んでいる

 

自分も子供が野球を行なっている為、貴方様の心中はとても良く理解できます。

 

けれども、今後こういった事に悩まされることはないのです。

 

貴方様や、貴方様の子供さんのバッティングの課題を改善する為に、あの元巨人軍の名打者・篠塚和典様が、バッティングのイロハから応用テクニックまで“全部”ご説明して頂ける事になったからなのです!

 

 

篠塚和典の『打撃バイブル』の内容を一部ご紹介します!

 

驚愕!“安打製造機”はバットの握り方から異なっている…

 

⇒篠塚様が明らかにする、効果的に力を伝え、スイングがブレなくなる握り方を徹底公開! 【コレだけはご覧下さいませ】

 

子どもさんの為に、貴方様のみが可能な“とある大事”なサポートとは?

 

⇒仮に、貴方様が子供さんの為を思う親御様ならこのパートは見ないと損です。

 

貴方様にだからこそ出来る、お子さんにとってとても大事な事を篠塚様がレクチャーして下さいます。

 

極めて容易に出来る事ではありますが、お子さんへの効果はバッチリです!

 

飛距離が出るパワフルなスイングが現れるステップ時の“とあるポイント”

 

⇒ステップするさなかボディのとある箇所に注意して使用する事によって、スイング速度がアップします。

 

こちらでは、そこの部分と使用方法に関しましてご説明して参ります。

 

ここの部分を見れば、子供さんの飛距離がUP、ホームランを打つ為のコツが理解できると思います。

 

警告!少年野球のレクチャーでよく見られる“確実に行っては駄目な ”スイング

 

⇒子どもさんがこのスイングを会得してしまったら、怪我の危険性がアップするのみならず、上のレベルでは打てなくなってしまいます。

 

加えて、1回コレを会得すると矯正するのがかなり大変です。

 

キチンとしたバッティング理論をお持ちでない人にレクチャーを受けているとしたら、気付いた時にはこういったスイングになってしまっているかもしれないので注意が必要です…

 

飛距離が出るパワフルなスイングに変化するステップ時の“とあるポイント”

 

⇒ステップするさなかボディのとある箇所に注意し使用する事によって、スイング速度がアップします。

 

こちらでは、そこの部分と使用方法に関してご説明して参ります。

 

ここの部分を見れば、子どもさんの飛距離が伸び、ホームランを打つ為のコツが理解できると思います。

 

子どもさんが真剣に上のレベルを目標にしているならば絶対見るべきです!

 

⇒篠塚様が”プロで存在感を発揮する手段としてやっておきたい日常の時間の使い方“に関して打ち明けて下さいました。

 

毎日、どういった心積もりでどういったトレーニングを行えばプロに近付けるのか、子供さんが上を目標にしているとしたら、絶対見た方がいいです。

 

【テスト】子どもさんが適切なスイングが行なえているか容易に確認するやり方が存在します。それは…

 

⇒本当のことを言うと、ボディのとある箇所を触れば、その子供さんが適切なスイングが行なえているか見極められるのであります。

 

こちらでは、そのチェック方法と、誤っていたケースでの修正方法に関してお教えします。

 

ここのところを見たら、子どもさんは完璧なパワフルなスイングが可能な様になると思います。

 

少年野球でよく見られるテークバック時の決定的な誤りとは?

 

⇒“コレ”が理解できていないとすると、ピッチャーの球に差し込まれてしまう公算が大きくなってしまうと思います…

 

どのような大打者であっても、戦いは打席に入る以前から確定している事を知っていましたか?

 

⇒こちらでは、そのわけといかにしたら“勝つ”ことが可能なのかをご説明させて頂きます。

 

これを見たら、格上の投手であってもちゃんと攻略可能なようになっていくのです。

 

<飛距離が10mもUP>しっかりした打球を打つ為の腰の動作方法を徹底的にご説明

 

⇒打球の飛距離に影響する『腰の回転』に関してイロハからご説明させて頂きます。

 

リアルにこのパートをご覧になった後の練習で、飛距離が10mも増加したお子さんもいらっしゃいました!

 

坂本選手みたいに完璧に内角球を捌けるようになる為のコツとは?

 

⇒篠塚様は、内角の球を巧みに打つ為に“とあるトレーニング法”をおススメしているのです。

 

こちらでは、そのわけと現実的なトレーニング内容に関してさらけ出して参ります。

 

【注目】篠塚和典がヘッド速度をアップさせる為にウェートを置く”とある大事な点“とは?

 

⇒篠塚様は、ヘッド速度をアップさせるには「○○でなければ駄目だ」と仰います。

 

こちらでは、そのポイントと、それをどういう感じで使用するのかを徹底的にご説明させて頂きます。

 

これをご覧頂ければ、篠塚様みたいに外角の球でも完璧に捌く事が可能になると思います。

 

小学生であっても130kmの球を弾き返せる“回転を意識した打ち方”とは?

 

⇒このテクニックは短時間で会得できるものでは無いと思います。

 

けれども、幾度となくご覧になって実行して自分のものにする事が可能だとしたら、どれだけ速い球が来たとしても振り遅れる事無く前に飛ばす事が可能と思います!気になるそのやり方は・・・

 

『2ストライクまでは〇〇を狙え!』コレでもう打席でなんだかんだ迷わなくてOKなのです!

 

⇒打席で迷いがあるのは避けるべき状況なのです。

 

であればこそ篠塚様は現役時代、追い込まれるまでは”とある事”に注意して打席に立っていたと仰います。それは…

 

「えー格好悪い!」生まれて初めて“コレ”をご覧になったお子さん達は嫌がりました…しかしリアルにコレで打ってみたら…

 

⇒こちらでは、スタンスに関してお伝え致します。

 

少し格好が良くないので最初にこれをご覧になったお子さん達は嫌がりました。

 

けれどもリアルにコレを行ってみたらその効き目にビックリし、 皆がコレを取入れるようになったのです。

 

スイングする際には〇〇を閉じろ!因みにコレ、 脇じゃないのですよ…

 

⇒スイング速度をアップさせ、スイングを安定させる為に、“とある箇所”を閉める事が大事となってきます。

 

こちらでは、そのとある箇所とリアルな動作に関して篠塚様が徹底的にご説明させて頂きます!

 

打球を遠くへ飛ばす為に見逃してはならないポイント ”を紹介!

 

⇒子どもさんの打球が前に飛ばない際には見る価値ありです。その引き金と対策法をお教えさせて頂きます。

 

<注意>子どもさんが打席で“この様な事”を行っているのであれば今直ぐに控えて下さい!

 

⇒こちらでは、打席で間違いなく行っては駄目な“とある事”に関してご説明させて頂きます。

 

子どもさんの事を考えても是非とも確認してみてください。

 

『キーワードは45度』バッティングを向上へといざなう〇〇の秘密とは?

 

⇒バッティングを向上へといざなうには、ボディの“とある箇所”に注意し使用する必要性があるのです。

 

こちらでは、その秘密と詳細なやり方をご説明させて頂きます。

 

これを小さい時から染み込ませておけば、ハイレベルなチームに入ってもクリーンナップを打てる見通しがグイッと上がると思います。

 

イチロー選手みたいに低めのボールであってもヒットにしてしまう シークレット技術を紹介!

 

⇒これを見たら、打率4割をオーバーする事も不可能ではありません。

 

ダウン?レベル?アッパー?安打製造機が申し述べる適切なバットの軌道とは?

 

⇒「叩き付けるようなバッティングを行え」

 

こんな感じの教えをしているとしたら、是非とも 見て下さい。

 

こちらでは適切なスイングに関して、お子さん達が理解し易いようにご説明させて頂きます。

 

外野フライとホームランをわけるほんの少しな隔たりを紹介

 

⇒これを見たら、子どもさんが内野の頭を超えるヒットやホームランを打てる可能性がこれまでよりアップすると思います。

 

 

篠塚和典の『打撃バイブル』の豪華特典内容をご紹介します!

 

特典@ お得な3900円キャッシュバックキャンペーン

 

こちらの『打撃バイブル』を実践して、威力を体感頂いた ご感想をお送り貰えれば、3,900円をキックバックさせて頂きます。

 

その際、子供さんとのツーショット写真も一緒にお送り頂きたいと思います。

 

お声とお写真をお送り貰った人の中から200名様のみに3,900円分キックバックを致します。

 

加えて、お送り貰ったお声とお写真は当社HPに掲載させて貰います。

 

当社には「苦しむ野球少年・少女のサポートを行いたい」といった純真な考えが存在しています。

 

こちらのDVD教材で現実化するには、リアルに上手になった感想が不可欠なのです。

 

貴方様のお力添えをお願いします。

特典A 篠塚さんの講演会・野球教室への特別優待券

 

将来的に篠塚様による様々なイベントが開かれる時には、本マニュアルを買って貰った人に最優先にお声掛けさせて貰います。

 

 

篠塚和典の打撃バイブルのご購入はこちらから

 

 

篠塚和典の『打撃バイブル』を体験された方の声をご紹介します!

 

子供から「パパ激ヤバ!」とビックリされたのです

 

T.Iさん 43歳

 

子供は小学校3年の野球少年で、私もずっと長い間野球を行って参りました。

 

知識やレクチャーには確信があったのですけども、今回のマニュアルを読んで「これ程理解し易いレクチャー方法が存在しているのか」と随分ビックリしました。

 

子供はヘッドが下がる習慣を持っており、今まで何回指導してもその習慣が治りませんでした。

 

しかしながら視聴後に子供にレクチャーしてみたら、ヘッドが下がる習慣が驚異的なスピードで良い方向に向かわせるのです。

 

何年も改善しなかったのに、アッという間に良くなって行って、子供からも「パパ、激ヤバ!マジに打てた」とビックリされたのです。

 

やっぱりプロで活躍し、現在でも野球少年に指導している篠塚様は、レクチャー時の言葉選択・アプローチのやり方が異なるな、と思いました。

 

コレをチェックすれば、お子さんが上達するのは当然の事、野球指導経験がないパパ・ママも、凄腕のバッティングコーチになれると思います。

 

単純に篠塚様の仰る事をありのまま告げるのみでOKだと言う所が、かなりお薦めできるマニュアルでありました。

プレーヤーのレクチャーに使用できる知恵がびっしり!

 

T.Kさん(少年野球監督)

 

基礎知識編では、ベーシックなグリップの握りにスタートし、軸足の置き方、ステップの踏み出し、スイングの軌道が、更には応用編では内・外角、高低の打ち方等々、ひとつひとつの動きに関しての気を付ける点、テクニックが細部に亘って掲載されていて、プレーヤーのレクチャーに使うことができる知恵がびっしり入っていると思ったのです。

 

その上、テクニックのみならず精神面でも、打席に入るまでの心構えの方法、メンタリティ等ゲームの中でどういう感じでボックスに入って行くべきかの捉え方もとても勉強になると感じております。

 

打撃は野球のプレーの中では一番ハードルが高い物だと思っておりますので、今回のマニュアルで篠塚様がレクチャーした内容を1個ずつプレーヤーに話し、プレーヤー達のスキルアップに一役買って参りたいと思っております。

子どもと親で観る事が出来る内容がGOODだった!

 

T さん

 

保護者が観て、子供にレクチャーするのにおススメだと感じました。

 

順序良く掲載されてあり理解し易かったですね。

 

またジャンルも詳細に細かく区分されており素晴らしかった。

 

野球少年の保護者としては、常日頃疑問に感じている打撃の疑問が説明されてあり、 全編トータルして絶えることなく着目して鑑賞できました。

 

子供はDVDを視聴しながら私に、「常日頃の僕のフォームはどんな感じ?」等々聞いたりして、感心を持ちつつ真剣に観ていたのです。

 

総合的に子どもと親で閲覧するのに理想的な内容でありました。

「ああそうか、これは打てる!」と感じました

 

I.Wさん

 

バットの握り方等気になった事はないのですが、これを見て「ああそうか!」と感じました。

 

構えるフォームや、スタンスの取り方、一際教えるのが大変な腰の回転等、解説するのは困難な箇所を詳細に細部に至るまで解説してありましたので理解し易かったと感じております。

 

テクニック面のみならず、精神面のご紹介があったのも嬉しかったです。

 

バッターボックスに入るまでの気構えや意識等々、単純に打つのみならず打席に入った際の楽しさも話してくれているのです。

 

ボールを打てる可能性がアップするマニュアルではないでしょうか。

打席に立つと緊張状態になっていたのに、最近ではゲームがワクワクします

 

永田 龍星 君(中1)

 

僕は今回のDVDを監督に推奨され、観て以後打撃の様々な事が理解出来ました。

 

一番驚いたのは 緩く握る事によってヘッドが遅く出るということなんです。

 

これまではゲームで打席に立つと緊張状態になって、いつの間にか力を入れて握ってしまうことになって、ファーストゴロといった事が多々あったですが、ようやく理由が理解出来ました。

 

現在ではゲームが待ち切れません。一刻も早くバッターボックスに立ちたくてムズムズしているのです!

近頃打てない、不調である、そういった方にイチオシ!

 

K.S君

 

両親に購入して貰って一緒になって拝見しておりました。

 

バッティングコーチの篠塚様の教え方は、リアルに篠塚様が実行してきた事をレクチャーしてくれるからかなり為になったのです。

 

様々な事を教えてくださったので、これから打つ際に重宝します。

 

篠塚様はプロのバッティングコーチですから、内容も理解し易かったです。

 

その上教えるだけに限らず、リアルに行なってくれるから、聞くのみでは理解できない方にはピッタリです。

 

近頃打てない、不調である方、そういった方はこれをチェックしてお手本にしたら上手く行くと感じております。

 

 

篠塚和典の『打撃バイブル』の良くあるQ&A集

 

今回のマニュアルは具体的に言うとどういった中身なのでしょうか?

打撃を向上させることを目標にした情報が全部詰め込まれた「ガイドブック」みたいな内 容と言えます。

 

あなたもご存知の名プレーヤーである篠塚様が、日本中の野球少年、その親御様、指導者様の為に、打撃の基礎知識から応用テクニックに亘って、1時間54分14秒もの間、ご説明してくれているのです。

 

野球にさほど精通していないパパ・ママも、今回のDVDの内容をチェックする事によって子供さんの打撃を向上させるレクチャー法が把握できるので、お休み等を活かして子供さんにダイレクトにレクチャーする事も出来るのです。

 

それに加えて、本編中の大事な部分にテロップを入れたり図を駆使して解説する等、若干専門的なパートでも分かり易い内容になっているのです。

 

もっと言うなら、DVDには項目ごとにチャプター機能を設置しておりますので、どんな時でもおめあての場所から再生するという事が可能で、反復し学ぶことができるから、篠塚様のテクニックをきちんと落とし込む事が可能となります。

 

詳細な内容においても、今回のレターの中でちょっぴりご案内していますから、そっちの方もご判断基準として頂きたいと思います。

これを目にすれば篠塚様みたいな流し打ちが可能な様になるでしょうか?

可能な様になると思います。 しかしながら、流し打ちを含めて、打撃の上達は一朝一夕ではないのです。

 

その事はきちんとご承知頂きたいと思います。

 

このマニュアルでは、篠塚様が打撃向上に大事な事をパーフェクトにご説明しているのです。

 

けれども、それを会得する為には絶対にトレーニングを欠かすことが出来ません。

 

子どもさんのバッティングフォームをチェックした上で、きちんとくり返してトレーニングさえ行っていけば、間違いなく篠塚様みたいな流し打ちも可能な様になると思います。

対象年齢はどの位でしょうか?

小学生〜高校生はもとより草野球を行なっているお父さんが目にしても間違いなく有益な内容とな っているのです。

 

その上、お子さん達に打撃指導を行う為に野球少年の親御様や指導者様がご覧になられるのもベターだと思います。

 

打撃を向上させる為の知識とやり方が全部詰まっているので、

 

■現在よりもヒットが打てるようになりたい

 

■超一流のプレーヤーによる打撃を向上させるシステマティックなレクチャー法を把握したい

 

■お子さんにレクチャーしてあげたいが、どういう事を教えればベストなのか知らず、もどかしい思いをしている

 

■お子様がゲームで中々ヒットが打つことが出来なくてに苦悩している

 

■周囲に打撃においてシステマティックにレクチャー可能な方がいらっしゃらない

 

■指導者やトレーニング環境が要因で、息子が頭打ちになっている

 

というようなことに1つでも該当するなら、ご覧になる事を推奨いたします。

変化球の打ち方も入っていますでしょうか?

はい。カーブ等緩めの球の打ち方は収録してあります。

 

しかしながら、全変化球の打ち方を個別的にはご説明しておりません。

 

どうしてかと言えば、一個一個説明する必要性が無いからなのです。

 

篠塚様も言及されているのですけど、前もってバッティングフォームをきちんとチェックして、今回のDVDで申し上げた事をきちんと身体に落とし込めば、結局最後にはどういった球でも対応可能な様になっていくのです。(その裏付けと秘密におきましては本編で載せております)

 

よって、変化球が打てるようになりたいと考えている人が見ても、お力になれる中味になっているのです。

息子や野球に精通していない方が目にしても分かるようになりますでしょうか?

はい。「打撃とはこういったものになります」みたいなことを公開していますから、 野球に精通していない人でもご理解貰えると考えています。

 

却って、何も知らない人の方が誤った知識も無いからすんなりと入って行き易いかもしれないですね。

 

はたまた本編中では、篠塚様が“どなたが目にしても理解し易いような言葉”を使用してご説明してくれておりますし、テロップや図等ビジュアル的に判断できるような工夫もしておりますから心配しないでください。

 

 

篠塚和典の『打撃バイブル』著者篠塚和典からのメッセージ

 

「ゲームというものは、試合に出るプレーヤーが主人公」といった事実が存在しています。

 

際立って少年野球におきまして、試合に出られるのは、 小学校5、6年の上級生が中心であるという現実があるわけです。

 

そういった部分を押さえて、1〜4年生の子供等「中心では無い子供」はどういった風に感じることが適切でしょうか?

 

更には、保護者達はどういった風に考えるべきと思いますか?

 

「私はまだ小さいからゲームには出られないですよね」 「うちの子供はまだ始めて間もないからゲームに出られなくて当たり前である」 なんていう風に考えられるのは、大変な誤りなのです。

 

仮に、真剣に上手になりたければ、仮に小学校1年〜4年生のお子さんであっても、 「間違いなく上手になってやるぞ」といったしっかりしたハートがなんといっても欠かせません。

 

過去、私が子供の頃もそれと一緒でした。

 

上級生が優先的にゲームに出されるのに激しく悔しい思いがあったのです。

 

そのハートがあったが故に、プロでも活躍可能だったと感じているのです。

 

なので、子供さんにも是が非でもこのような気持ちを込めて野球に専念して頂きたいと思います。

 

負けず嫌いになって貰いたいのであります。

 

私は、そのハートを持ちつつ野球と向き合う事によって、いつの日か実を結ぶと確信しています。

 

しっかりしたハートを携えて、今回のマニュアルを見て頂いて適切なトレーニングを行えば、恐らく向上すると思います。

 

ゲームで力を発揮できる可能性もアップします。

 

後は如何にしっかりした意志を携えて継続できるかです。

 

継続は力なり。 是非とも、強固な意志で野球にトライしてみて頂きたいと思います。

 

 

篠塚和典の打撃バイブルのご購入はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野球が上達・上手くなる為の教材・マニュアル